読むトレGOのヘッダー画像

 

読むトレGOは、ディスレクシアや読みの学び直しのために開発されたニンテンドースイッチ対応のトレーニングゲームアプリです。

 

ディスレクシア 発達性読み書き障害トレーニングブック」の著者である医学博士・平岩幹男先生が監修。

 

机に向かう事や教科書・トレーニングブックが苦手な子供でも、ゲームで音声クイズのように取り組めると人気の商品です。

 

そんな読むトレGOですが、Googleで検索すると気になる言葉を目にしてしまいました。

 

Googleで検索した画像

 

「読むトレGOが高い」という声の正体は何なのでしょうか?

 

この記事では「読むトレGO 高い」について調査していきます。

 

読むトレGOが高い!?その真相

 

ゲーム感覚で平岩先生監修のトレーニングができるのは魅力的。

 

購入したいけどソフトの価格が高いので悩みます・・・

ゲームでいろいろな可能性が広がるのは素晴らしい。

 

ただ、継続利用に課金が必要なんですね・・・

 

「読むトレGO 高い」についてポイントは2つありました。

  1. ソフトの価格が16,500円(税込)と、一般的なニンテンドースイッチ用ソフトの約3倍
  2. 音声認識ゲームを継続して利用する場合は90日※ごとに8,800円(税込)の課金が必要

※現在は360日に延長されています

 

 

読むトレGOの購入や継続にはお金がかかるのね・・・


 

いいえ、もっとお得に利用することができます!

 

読むトレGOの月額制の画像

 

月額利用版「読むトレGO!」は、「読むトレGO!」と全く同じ内容を必要な期間だけ利用することができます。

 

解約はいつでも自由で、解約に伴う手数料などもありません。

 

申し込みをすると、月額利用版「読むトレGO!」のセット(ニンテンドースイッチ用ソフト+対応マイク)が届きます。

 

月額利用版「読むトレGO!」セットの画像

 

必要な期間(月額1,980円)で利用して、解約後は「読むトレGO!」のセットを着払いで返送します。

 

>>>読むトレGOを月額利用版を詳しく見てみる

 

読むトレGOの口コミ

 

何度かやるとスラスラ読めるようになるのが楽しいそうです。

 

スムーズに読めると自信にも繋がるようで、自分から進んで毎日取り組んでいます!

書籍版も読んでいましたが、今回月額利用版も試してみました。

 

文字の読みのトレーニングが、自宅のニンテンドースイッチでできるのはとても画期的です!

子供が面白がってずっとマイクを握ったまま言葉を口にしています。

 

ゲーム感覚でトレーニングができるので素晴らしい商品だと思います!

発達障害が有る無しに関わらず、このソフトは学びの一つとして、とても大切なことなのではと思っています。

 

「読むトレGO!」を通じて少しでも勉学に励んでもらえれば!

 

口コミまとめ

  • スラスラ読めるようになっていき、自信にも繋がり進んでトレーニングに取り組んでいる
  • 書籍版も良かったが、自宅のニンテンドースイッチでトレーニングができて画期的
  • ゲーム感覚でトレーニングができるので、子供も楽しそうにやっている
  • 読むトレGOは学びの一つとして、とても大切なことだと思う

 

口コミに満足するお母さんの画像

 

読むトレGOの口コミ評判はとても良いものでした!

 

>>>読むトレGOを月額1,980円で試してみる